ウイング・フォイルのメンテナンス方法は?

ウィングフォイル機器の寿命を延ばすには?

よくある質問のひとつです。今日は、ウィングホイルの寿命を延ばすためのヒントをご紹介します。

詳細を説明する前に、Wing Foilの構造を見てみましょう。ヨットやグライダーの経験がある方なら、翼は膨らませた構造体の周りにパネルを組み立てることで作られていることに気づくでしょう。また、軽量でありながら、変形しにくい素材であることも求められます。

あなたの翼の主な生地は、ポリエステル糸を中心に構成されており、破れにくい生地を形成しています。しかし、年に2回も翼を交換したくないという方には 注意点があります。

ウィングフォイルの最大の敵は太陽です。太陽の下でウィングを乾燥させないでください。紫外線は生地を傷めます。

  • 淡水でセーリングする場合は、カイトをよく乾かしてから保管してください。そうしないとカイトにカビが生えることがあります。淡水には多くのバクテリアが存在する。
  • 塩水でセーリングしていて、カイトに窓があり、機材を洗わないでいると、塩が表面に小さな結晶を作り、すぐに不透明になってしまいます。
  • 飛んでいる砂は、文字通りあなたの翼を砂にしてしまいます。セーリングをしていない場合は、翼を風の中に置いておかないようにしましょう。
  • フラッピングは、より早く翼を消耗します。

翼の収納

  • ウイング を十分に乾燥させることができない場合は、リンスしないでください。 のあるウェットカイトの方が良いですね。真水よりも塩水で濡れた翼を持つ方が良いのです。もし、数日後にセーリングをしないのであれば、カイトを乾かす時間を取ってください。
  • 、空気の抜けたグライダーをリーディングエッジのハンドルで吊るさないようにすることが重要です。これはとても便利なのですが、中のブラダーが崩れてリーディングエッジとの接合部のセンターバテンにきれいなヘルニアができてしまうのです。ブラダーはバテンとリーディングエッジの中で可動しています。
  • 翼を保管する際の秘訣は、袋に戻す前に空気を抜くことです。
  • 翼は折りたたまず、先端から巻いていきます。
  • カイトを巻くときは、生地の折り目や切れ目、窓が付いている場合はその窓を避けるようにしてください。
  • 何としても折り目をつけないように

このような折り目は生地に切れ目を入れてしまうので、グライダーをパッキングする際に中央のスラットを無理に押し込まないようにしてください。

空気を抜いて干すと、ブラダーがバッテンスリーブの中で滑ったり、シワになったりすることがあります。そうすると、次に加圧したときに、膀胱に過大なストレスがかかり、しっかりと固定されず、結果的に膀胱がヘルニアになって破裂してしまう可能性があるのです。

なぜそんなことができるのか。 ブラダーが交換可能でなければならないからです。これを修正すると操作が非常に複雑になり、翼が重くなってしまいます。

そのため、すべての翼が影響を受け、空気を抜いて振っても同じ効果が得られます。

ですから、理想的にはグライダーを膨らませて日陰で乾かし、最悪でもフラットにするか、少なくとも中央のブラダーだけを膨らませた状態で (One-Pumpシステムの「クランプ」のおかげです)。